大切な家族の一員!おちゃめで健康な子猫ちゃんと出会おう

HOME » どの子が人気?猫の種類リスト » ラグドール

ラグドール

マンチカンと並んで人気の高いラグドールの性格や特徴、気をつけたい病気について紹介しています。

ラグドールの性格と特徴

ラグドールは、「ぬいぐるみ」という意味の名前の通り、もふもふと手ざわりの良い毛並みと、きれいな澄んだブルーの瞳が特徴の猫ちゃんです。

原産はアメリカで、1960年代にホワイトのペルシャとバーマン、バーミーズなどを交配させて人為的に作られた種類だそうです。

体格はがっしりとしていて、体の大きさも猫の中で最大クラスに入ります。
3~4年かけてゆっくりと大人の体つきになるそうで、成猫はだいたいメスで4~5kg、オスで6~8kgくらい。オスだと中には10kg近くになる子もいます。

そんな大柄なラグドールですが、性格はとても人懐っこく、穏やか。

特に飼い主に対しては非常になつき、飼い主が歩く後をついて回ることもあるのだとか

抱っこ好きの子も多く、抱き上げるとだらんと体の力を抜いて身を任せます。
猫にしては珍しい、こんな従順さも、「ラグドール(ぬいぐるみ)」という名前の由来かもしれませんね。

このように、ラグドールはおとなしく、なつきやすい猫ちゃんですので、初めて猫を飼う方にも飼いやすい種類だと言えるでしょう

毛のお手入れも簡単で、1日に1回程度のブラッシングで十分です。

肥大型心筋症に注意

猫の三大死因の1つは、心臓病だと言われています。

肥大型心筋症は、メインクーンに多い心臓病ですが、近年、ラグドールにも肥大型心筋症の遺伝因子があることがわかってきました。

肥大型心筋症は、麻痺を起こしたり、最悪の場合死に至ることもある恐ろしい病気です。

根本的に治すのは難しいですが、早い時期に見つけられれば、薬などで症状をおさえることができます。

1歳半ごろから発症する猫ちゃんが多いようなので(もちろん、もっと後になってから発症する子もいます)、

猫ちゃんがそのくらいの年齢になったら、病院で定期的に心臓のエコー検査をしてもらうことをおすすめします。

日々の生活の中でも、猫ちゃんに普段と変わった様子がないかどうかこまめにチェックして、猫ちゃんの健康に気を配ってあげましょう。

 
マンチカンと出会うブリーダーガイド