大切な家族の一員!おちゃめで健康な子猫ちゃんと出会おう

HOME » どの子が人気?猫の種類リスト » ロシアンブルー

ロシアンブルー

マンチカンと並んで人気の高いロシアンブルーの性格や特徴、気をつけたい病気について紹介しています。

ロシアンブルーの性格と特徴

ロシアンブルーは、絨毯のようになめらかなグレーの毛並みと、エメラルドグリーンの瞳が特徴的な猫です。スリムな体格と、微笑んでいるかのような口元が気品を引き立てています。イギリスの王室からも愛されてきた猫であり、その美しい毛色から「幸せを呼ぶ猫」と呼ばれているそう

性格は物静かでおとなしく、ほとんど鳴かないそうです。マンションやアパートなどで飼うのにも向いていると言えるでしょう。飼い主には従順ですが、人見知りなので飼い主のお客さんや友人と打ち解けるには時間がかかるかもしれません。

シャイな性格をしていますが、ロシアンブルーは長毛種の猫と比べて運動量が多いです。スリムな体形をキープするためにも、キャットタワーなどを用意してあげると良いでしょう。

手入れは1日に1回程度のブラッシングでOKです。ロシアンブルーはダブルコートと呼ばれる二重の被毛を持っている猫なので、換毛期はブラッシングだけではなくコーミングもし、抜け毛を取り除きましょう。

以前は神経質がゆえに攻撃的になってしまうロシアンブルーもいましたが、ブリーダーたちの努力により、飼いやすい性格に改善されているようです。上手に信頼関係を築くことができれば、よく懐いてくれますよ

肥満や尿路結石に注意

ロシアンブルーは身体が丈夫だと言われていますが、健康管理には気をつけましょう。

好きなだけご飯を与えていると肥満になってしまうので、注意が必要です。特に避妊・去勢をした猫に多く見られるそう。肥満が原因で病気になってしまうこともあるので、ご飯の量を調節し、運動ができる環境をつくりましょう。

尿路結石にも注意が必要です。メスよりも尿道が長いオスの方が発症しやすいそうです。発症すると、尿酸性化サプリメントを使って尿を酸性にするなどの対処が必要になります。尿路結石は再発しやすい病気ですし、ロシアンブルーはこの他にも泌尿器系の病気になりやすいです。日常的にトイレの回数をチェックすることが大切です。

 
マンチカンと出会うブリーダーガイド