大切な家族の一員!おちゃめで健康な子猫ちゃんと出会おう

HOME » どの子が人気?猫の種類リスト » スコティッシュフォールド

スコティッシュフォールド

マンチカンと並んで人気の高いスコティッシュフォールドの性格や特徴、気をつけたい病気について紹介しています。

スコティッシュフォールドの性格と特徴

スコティッシュフォールドは、1961年にスコットランドの農場で発見された突然変異の猫です。

「フォールド」は「折りたたむ」という意味で、その名前の通り折れ曲がった耳が最大の特徴。折れ耳ではないスコティッシュフォールドも存在し、こちらのタイプもファンが多いです。
大きな目とどっしりとした体型で、全体的にぽってりとした印象を受けます。長毛種と短毛種の2種類が存在し、毛色が豊富で一匹一匹がとても個性的です。

この独特の愛らしい容姿だけではなく、温和な性格もスコティッシュフォールドが人気の理由です。他のペットが同じ空間にいてもあまり気にせず、とてもマイペース

運動量も少なく、のんびりとすごすのが好き。しかし、まったく遊ばないというわけではないので、おもちゃなどを使ってコミュニケーションを取ることもできます。人懐っこい性格でもあるので、一緒に遊ぶと喜んでくれますよ

以上のことから、スコティッシュフォールドは初心者にも飼いやすい性格と言えるでしょう

遺伝性骨形成異常症に注意

スコティッシュフォールドは、遺伝性骨形成異常症という、遺伝性の病気に注意が必要です。折れ耳タイプの同士での交配で生まれた猫だと、発症の可能性が特に高いと言われています。

おもな症状は、骨や軟骨、関節の変形、それに伴う痛みです。四肢や尻尾からはじまり、脊椎へと進行していきます。成長期のスコティッシュフォールドに発症することが多いのですが、大人になってから発症してしまう場合もあります。

ひどい場合は生涯症状が続いて歩けなくなったり、激痛に鳴き叫ぶ猫もいるそうです。内臓疾患も併発する場合もあり、とても危険な病気です。

猫の骨にコブのようなものが出来ていたり、触れられるのを嫌がるような様子があれば、すぐに動物病院に連れて行ってください。対処としては、鎮痛剤や放射線療法によって痛みを和らげることになります。残念ながら現在の技術では、完治させる方法はありません。

この恐ろしい病気を予防するには、スコティッシュフォールドを正しい方法で交配させるしかありません。ブリーダーが正しい知識を持つことが大切ですが、猫を購入する側もきちんと勉強しましょう。

みんなが正確な知識を持つことで、病気を発症する猫を減らすことにつながります。

 
マンチカンと出会うブリーダーガイド