大切な家族の一員!おちゃめで健康な子猫ちゃんと出会おう

HOME » マンチカンのケアガイド

マンチカンのケアガイド

猫ちゃんと共に生活を続けていくうちには、いろいろなケアが必要となってきます。可愛い赤ちゃん子猫との新たな生活を迎えるにあたって、「ネコってお手入れが大変じゃないの…?」と不安に思う方も多いかもしれません。
私も、「猫は、犬とは違って散歩はないと聞いたけれど…。その分、飼うのはラクなのかしら?」という程度の知識しか正直ありませんでした。

「手入れ」はなぜ必要なの?

猫は犬のように「毎日お散歩に連れて行ってぇ~っ!」なんて、駄々をこねることはありませんが、飼い主は、自分の手で色々なお手入れを行うことで、大切な猫ちゃんの状況や健康状態を自分自身で確認することができるのです。

もし仮に、あなたの猫ちゃんの体のどこかに異常があれば、早期発見も可能でしょう。ペットショップや病院などのプロにみてもらう前に、毎日見ている飼い主自身が自ら、様子をチェックしてあげることがやはり大切なのだそうです。
その子によって、甘えん坊、陽気、無邪気などの性格もありますよね。なんか元気がないな、食欲がないな、下痢をしてしまった、お腹が痛いのかな…?というのはいちはやく飼い主が気づいてあげられることでしょう。
ですから、マンチカンとのお手入れや触れ合いは、単に「きれいにする」だけではなく「健康状態をチェック」して元気に暮らしてもらう上で、大切な日課ともいえるのですね。

ケアは、大切なコミュニケーションの時間

毛のお手入れなどのケアを通じてコミュニケーションをとることは、とっても大切です。可愛いマンチカンとスキンシップをとることで、また猫ちゃんも大好きな飼い主とのコミュニケーションをとることで、お互いが心地良いリラックスタイムとなり、飼い主とペットとしての絆をより深めてくれるでしょう。

家族として大事な猫ちゃん。それでは、健康と美しさを維持するために、また病気を予防して元気に長生きしてもらうためにも、どんなお手入れをしてあげたらよいのでしょう?
私自身、ペットショップの方に聞いたり、飼い方の本で調べたりもしましたが、「マンチカンの個性にあったケアの方法をぜひとも知りたいー!」というわけで、猫のケアのなかでも、マンチカンの特徴を考慮したケアの仕方を調べてみました。

ぜひ、ファミリーにマンチカンをお迎えしたい、もしくはもうすでに飼っているという方も、参考にしてみてくださいね。

『日常的なお手入れ』の基本を調べました

ネコは元々、自分でグルーミング(毛繕い)をするきれい好きな動物です。短毛種に限れば毛に関してはネコ自身できれいにしてくれるので、換毛期以外はそれほど手がかかりません。
それを踏まえて、どんなケアが必要なのかを具体的にチェックしてみましょう。

マンチカンのお手入れとしては、下記の方法があります。

  • グルーミング(クシやブラシを使って毛を梳かす)
  • シャンプーやお風呂の入れ方
  • 爪切りと爪とぎ
  • 目と目の周りのケア(目やにケアなど)
  • 口の中と歯の手入れ
  • お耳の掃除など

それぞれの正しいケアの方法について、色々と調べてみました。順番に詳しく紹介していくので、正しいやり方を、ぜひチェックしてみて下さい。

 
マンチカンと出会うブリーダーガイド