大切な家族の一員!おちゃめで健康な子猫ちゃんと出会おう

HOME » マンチカンのケアガイド » お風呂の入れ方とシャンプー

お風呂の入れ方とシャンプー

猫ちゃんは狭いソファーの下なんかに潜ったり、色々なところを歩いているから、きっと汚れているのでは?と思わずシャンプーしてあげたくなってしまいます。
しかし調べてみると、マンチカンに限らず、猫は基本的にはシャンプーをする必要がないのだそう。なぜなら舌で自分で毛づくろいをして、体をキレイに保っているのだそうです。

逆に、神経過敏になって頻繁に洗いすぎると、皮膚が荒れてしまったり毛の油がなくなってツヤがなくなってしまったりすることもあるそうです…。かわいがっているマンチカンが、そんなことになったらかわいそう。
もしシャンプーを嫌がるようコでしたら、1か月に1回程度で徐々に慣らしてあげるといいかもしれません。確かに、水嫌いな猫ちゃんは多く、シャワーを見ただけでパニックになってしまうコも多いようです。
それは、猫にとって大きなストレス

嫌がる場合は、無理にやらないようにして、たまにドライシャンプーをするかブラッシングでお手入れをするだけでOKなのです。

また、冬の寒い時期にシャンプーする場合は、猫ちゃんが風邪をひかないように手早く洗って、きちんと毛をドライしてあげることが大切なのだそう。
シャンプーする場合にも、声をかけてコミュニケーションをとりながら、安心させてあげるように行いましょう。

『正しいシャンプーの手順』を紹介

シャンプーをする場合の正しい方法と手順をご紹介します。

  1. まずは、38度程度のお湯がでるようにシャワーを準備しましょう。そして、顔にかけないように注意して、体全体にシャワーをかけます。
    中には、シャワーの音や水の勢いを怖がる猫ちゃんもいるので、慣れるまではシャワーではなく、手でお湯をかけてあげることをオススメします。
  2. シャンプーを毛につけて、地肌を丁寧に洗います。皮膚が傷つくので、爪を立てて洗ったり、強くこすりすぎないように注意しましょう。
    シャワーで流すのを嫌がるコの場合は、粉末やムースタイプのドライシャンプーを使うといいでしょう。
  3. リンスインのシャンプーも出回っていますが、リンスの入っていないシャンプーの場合には、リンスをつけ、さらにキレイにすすいでから乾かしてあげましょう。
    マンチカンは、洗われること以上にドライヤーが嫌いなことも多いので、タオルドライで仕上げます

ただ、長毛種はドライシャンプーだと、皮膚を傷める原因にもなりかねないので、お家でのお風呂が苦手なコの場合は、ペットショップや動物病院でプロの方に洗ってもらうと良いでしょう。

皮膚や毛の清潔感を保つシャンプー剤

我が家の猫ちゃんにも、お家で使用しているシャンプー剤をご紹介します。

■アボ・グリーンシャンプー 473ml 2,459円(税込)
アボカドオイルを配合したシャンプーなので、フケ症やカサカサ肌など保湿を必要とするペットにオススメです。天然素材を使用しているので、シャンプーする人の手にも優しいですよ。

■モンシュシュ ペットが洗える美容液 400ml 4,179円(税込)
猫ちゃんがお風呂ギライ!と困っている飼い主さんにはこちらが便利。直接毛にスプレーして、タオルで拭き取るだけの簡単な美容液です。
静電気も防ぐので、ちょっとしたグルーミングの時や毛が汚れてしまった場合には、我が家でも重宝しているのですよ。

 
マンチカンと出会うブリーダーガイド