大切な家族の一員!おちゃめで健康な子猫ちゃんと出会おう

HOME » マンチカンのケアガイド » 歯、目、耳のお掃除

歯、目、耳のお掃除

猫は体調が悪いと、目ヤニが出ることがあります。また、目ヤニや涙を放置しておくと、「涙ヤケ」といって、目の周りの毛が変色するようになってしまうのだとか!

目ヤニは不調のサイン!拭いてあげよう

そんな可哀そうなことはできません。出来るだけこまめにお手入れしてあげたいですね。それでは、どんなケアをしてあげたらよいのでしょう。
目のお手入れに必要なものは脱脂綿(コットンでもOK)と、ペットショップなどで販売している専用消毒液の2点です。

お手入れ方法は、手をキレイに洗い4~5cmに切った脱脂綿(コットン)に目専用の消毒液を染み込ませます。そして、後ろからやさしくマンチカンの頭を押さえて、目頭から目じりにかけて、やさしくふき取ります。
目ヤニや涙などの汚れをキレイに取り除いてください。最後に、ふき取った時に溢れた消毒液をキレイにふき取ってください

■まにスキンウォーター 400ml 1,680円(税込)
お手入れ後ペットがなめても、安心な自然派のケア商品です。下記の用途で使用が可能です。
●耳のアカ取り、ヤニ、ヨゴレなどに。
●お散歩後の手や足の裏側に。
●涙ヤケなどのお手入れに。
●お尻の周りの汚れに。
●ヨダレ、口周りのケアに。
●ケイジ、キャリー、布団、シートなどの除菌・消臭・洗浄に。
●普段のブラッシング、静電気予防に。
●臭い全般のケアに。

歯周病が増加!歯は日頃のお手入れが大切

マンチカンを含め、色々な種類のネコの歯周病が増加しているそうです。歯周病は一度かかると治療が大変なので、日頃のお手入れをしっかりとして歯周病の予防に気をつけなければいけません。
指にガーゼを巻き付けて歯をふいても良いのですが、歯ブラシを使用するとよりキレイに仕上げられます。

歯ブラシの仕方

最初に歯ブラシに歯磨き粉をつけます。マンチカンの顔を片手で押さえ、指で唇をめくり奥歯から順番に磨きます。歯ぐきから歯の先に向けてやさしくブラッシングしてあげます。
歯と歯ぐきの間のカスも一緒にキレイに取り除いて。歯石などがある場合は、動物病院で専門処理をして取り除いてもらいましょう。

歯ブラシでのケアは、おとなしくブラッシングさせてくれる子猫のうちから始めましょう。終わった後は、歯みがきが嫌いにならないよう、ごほうびを忘れずに!

「耳ダニ」や「外耳炎」に注意しましょう

マンチカンの耳は、耳ダニやアレルギーによって外耳炎になってしまう場合があります。「耳が黒っぽくなっていないか」「汚れがついていないか」を2週間に1回程度はチェックしましょう。
その時にひどく汚れていたり、傷が出来ていたり、化膿している場合はすぐに動物病院で見てもらってください。

耳掃除は、コットン(脱脂綿)に耳洗浄液を染み込ませます。もし無い場合は、ぬるま湯でも代用できます。やさしく耳をめくって耳の中の状態を確認してください。
耳に汚れがついていたら、コットンなどでやさしくふき取ってあげましょう。耳の奥に入れすぎないように気をつけることがポイントです。
耳掃除を行うときに、綿棒を使って掃除する飼い主の方がいるそうですが、とても危険なので絶対にやめた方がいいようですよ!

 
マンチカンと出会うブリーダーガイド