大切な家族の一員!おちゃめで健康な子猫ちゃんと出会おう

HOME » マンチカンの飼い方 » 正しいエサの与え方

正しいエサの与え方

飼い猫ちゃんは自分で狩りをすることはないので、すべて食事や健康な体は飼い主次第できまりますよね。そんな責任重大な猫の食事や栄養面、正しい与え方について調べてみました。

食事は全て飼い主で決まる!責任重大です

基本的にマンチカンが必要とする栄養素の種類は、ほぼ人間と同じなのだそう。ただ、食事の習性や代謝が人間とは違うために、1日に必要な栄養素の量は大きく違うそうです。

また、人間のご飯の残り物を与えるという考えの飼い主さんもいらっしゃるかもしれませんが、人間には良くても猫にとっては毒性のある食材もあるので、あまり向いていないのだそう。
栄養が偏ったり、中毒症状を引き起こしたりしてしまうそうです。

他にも、猫は汗をかけないので、人間の味付けように調理されたものは塩分が強すぎるためおススメできません。

人間ではベジタリアンなど野菜中心の食事が健康的といわれていますが、猫ちゃんは肉食動物。お肉を食べることで生きていける動物なのです。
昔の「ねこまんま」というご飯にお味噌汁をかけるといった食事は、慢性的に栄養不足になるようです。猫ちゃんのためにも、きちんと猫用のお肉や魚を与えることが大事なのですね。

正しい食事の回数と量と栄養素は?

猫の寿命の平均値は12~15才だそうです。生まれてからの1年間はいわゆる子猫の時期。1年間かけて大きく成長し、成猫になるのです。
誕生してから成猫になる期間はとくに、猫の大事な体づくりの時期なので栄養の整ったエサを与えることが大切です。
最近では、市販で猫ちゃんの栄養を考慮した良いエサが出ているので、そういったものがやはりオススメです。

子猫のエサの与え方
子猫は1日に7~8回程度エサを食べます。この頃は、食べたい時にいつでもエサが食べれられるように、エサ入れにいつも入れておいてあげると良いでしょう。古くなったフードは、食べないよう早めに片づけてあげましょう。

成猫のエサの与え方
成猫になってからは、エサの置きっぱなしをやめましょう。1日に2~3回程度エサを与えるのが通常です。特にマンチカンは、食欲旺盛で年をとると太りやすいので、カロリー控えめのエサか、高カロリーな缶詰は1日1回で少量にすることをオススメします。

猫はエサを少しずつ、1日何回かに分けて食べる習性があります。最近はカロリーを摂りすぎた肥満猫が増えて、猫の現代病ともいえる現象がおきていますが、「成猫になってもエサ入れにエサを大量にあらかじめ入れておく」「食べたがるだけあげる」などをしていると、猫にも「だらだら食い」のクセがついて、肥満になりやすいのだそう。

ダイエット方法なども色々あるようですが、急激なダイエットは猫の体にも悪いですし、「今までエサをたっぷりもらえていたのに急に減らされた!」なんてことになると、猫ちゃんにとっては「いじわる」だと感じてしまうのです。
あらかじめ分量を調節して、「だらだら食い」をさせない習慣を身につけさせましょう。

与えてはいけない食べ物

注意点として、与えてはいけない食べ物も調べてみました。意外といろいろあるのですね。私も気をつけなくちゃ

猫に与えてはいけないもの
・玉ねぎ、ねぎ  ・イカ、スルメ  ・生肉  ・鳥や魚の骨  ・柿  ・サザエ
・パン  ・お酒  ・人間用のツナ缶、まぐろ缶  ・甘いお菓子  ・香辛料
・生たまご(ただし、火をとおしたものは非常に栄養的によい)
・冷たいもの  ・熱いもの(猫舌ですから!)

などなど。沢山あるのですね。意外なものもたくさんあります!スルメなんて猫ちゃん好きそうじゃないですか?まぐろ缶や生肉にも飛びつきそう…。
でも、いろいろ中毒を起こしたりと、血液の中の赤血球をこわしてしまったりと、弊害がでてしまうのですね。難しい。

私は昔、野良猫ちゃんに菓子パンをあげたことを思い出しました。甘いものもパンも本当は与えてはいけないのですね(懺悔)。特に、塩分が強いもの、アイスやチョコなどの甘いものも要注意のようですよ。

 
マンチカンと出会うブリーダーガイド