大切な家族の一員!おちゃめで健康な子猫ちゃんと出会おう

HOME » マンチカンの飼い方 » トイレのしつけ方

トイレのしつけ方

マンチカンも他の猫ちゃん同様に、上手にトイレを覚えてくれます。何回か粗相をしてしまうコもいるかもしれませんが、きちんと教えれば、決められた場所で用をたしてくれるようになりますよ。

猫は清潔な動物!トイレも上手に覚えます

トイレのしつけをする前に
猫は家のなかでも、なるべく人目につかないところで用を足したいのです。本能的に無防備な姿を見られることを嫌うみたいです。猫ちゃんもいっちょまえに、人間の女性のような恥じらいを持っているのかしら?
あまり目立たない位置に、どうしてもスペースが取れない場合は、ちょっとした植木などを傍に置いたり、タンスなどの陰に隠しておくのも1つの手です。

そして、1度場所を決めたら、「おトイレの場所」として変えないように注意しましょう。
そのため、キッチンやリビングでとりあえず…なんて置いておくよりも、最初から洗面所やお風呂場の近くなどに置いた方が、あとあと清掃もラクになります。

スペースに余裕があれば、人間用のおトイレに猫用のおトイレを置いている家もあるようです。この場合も、猫が自由に出入りできるようにしてあげることがポイントです。

それでは、猫ちゃんにしつけてみましょう

まず、猫ちゃんが家にきてから1番最初に覚えて貰いたい課題が、トイレですよね。我が家では、ふと気付いたときに私のベッドの上でウ、ウ○チを…なんてこともありました。
最初はお気に入りの場所や、なんとなくいやすい場所でしてしまうこともあるそうです。

でも、本当はトイレのしつけは簡単なのです。

1、場所を決めて、「ココがトイレだよ」と教えてあげる。

基本、これだけです。場所を移動すると猫ちゃん自身が混乱してしまうので避けましょう。「猫は家につく」といいますよね。
猫の頭の中に、「ココがトイレ」「ココがベッド」「ココがごはん」と覚えて、家の地図ができればすぐに完璧に覚えてくれて、粗相はなくなるでしょう。

また、「借りてきた猫のように大人しい」なんていいますよね。これは、猫ちゃんの頭の中によその家の地図データが入っていないから、しゅんとしてしまうのだそうです。そして、1ができたら…

2、「よくできたねぇ~」と誉めてあげる。

これが大事です。最初は失敗してしまっても怒らずに、あたたかく見守ってあげてくださいね。
簡単に覚えられないコには、おしっこの匂いのついたティッシュをかがせて、トイレまで持っていって置いたり、トイレのところまで歩かせて覚えさせるようにすると良いでしょう。
食事のあとに、部屋のなかをくんくん嗅ぎまわり始めたら、おトイレの合図なので、そのまま連れて行って教えてあげましょう。

どんなおトイレ用品、便利グッズがあるの?

しつけ用トイレマンチカンにオススメなおトイレは、基本的な砂のタイプとその容器が良いのでは?とペットショップの方にアドバイスいただいたことがあります。
(そのままのタイプのトイレを、我が家では活用していますが)
調べてみると、トイレ用品、色々とあるんですね。

基本おトイレは1,500円位から4,000円前後で売られていて、屋根付きのものもあれば、トレイだけという屋根なしタイプのものもあります。
猫ちゃんは用を足した後に、砂をかけて埋めようとするので、その砂が床に散らばってしまうことを防止して屋根付きがあるのだそうです。

サイドの壁だけが高くなっている「ハーフカバー」タイプなんていうおトイレもあります。
また、縦横のサイズが20センチ代から30センチ代という、小っちゃーいタイプのトイレも見つけました。ゲージの中に入れたい時など、狭いスペースでもおトイレを用意してあげたいときに重宝しそう!

他にも、38,000円もするおトイレも見つけました!なんて、セレブなおトイレ。
猫ちゃんが用を足したあとすぐ自動で後始末をしてくれる最新式のおトイレ。今や、人間の便座のカバーが自動で上がったり下がったりするように、猫ちゃんのおトイレも自動!
においが充満することなく、片づけの手間も省けますよね。猫の足についた砂が室内へこぼれないように、砂落とし用のカーペットも別売りであるそうです。

我が家はなんと、まだカーペットを買っていないので、とりあえず新聞紙を敷いて台用しています。猫ちゃんが大きくなったら、砂のこぼれもはげしくなるのかな?今は気にならないけど…なんて考えているトコロです。

 
マンチカンと出会うブリーダーガイド