大切な家族の一員!おちゃめで健康な子猫ちゃんと出会おう

HOME » マンチカンてどんな猫? » 平均寿命

平均寿命

いつまでも一緒にいたいですが、やはり生きているからには寿命があります。ここでは、猫たちの平均的な寿命をはじめとした情報を紹介していきます。

マンチカンの寿命

愛くるしいルックスで人気の高いマンチカン。愛猫にはずっと元気で長生きしてもらいたいものですよね。

小さい頃から育ててきたわけですから、できる限り一緒に過ごしたいと思う気持は当然です。しかしながら、猫にも人間と同じように寿命があります。

猫の平均寿命をはっきりと数字に出すのは難しいのですが、一般的には10年~16年といわれています。特に屋内だけで過ごす飼い猫の場合、外に出る機会の多い猫よりも寿命が長い傾向にあるようです。

ネコgif素材マンチカンの平均寿命は12歳だといわれています。生まれながらにしてもっている個体の生命力もありますが、やはり愛情が一番。愛情たっぷりに育てながら幸せに過ごせるようにしてあげることが一番大切なのではないでしょうか。

予防接種などの定期検査を欠かさず、食事や健康面の管理に気を配りながら育ててあげましょう。

 

15年を超える長寿猫の秘訣とは

最近では猫の間では長寿ともいえる15年以上を長生きする猫もちらほら見られます。

それほどまでに元気な猫が増えてきた理由のひとつには、やはりブリーダーが屋内で飼うことを徹底している事実が挙げられるでしょう。屋内だけで飼っていれば、さまざまな危険を避け安全に過ごすことができます。

交通事故に遭う可能性が低く、定期的にワクチンの接種を行っていれば病気にかかることも少ないでしょう。

飼い猫であっても、白血病などの感染症で若くして命を落とす可能性は否定できませんが、非常に低い確率となることは確かです。

これまで最も長生きをした猫は、1967年~2005年までを生きたアメリカの「クリーム・パフ」が38歳の長寿として2011年度のギネスブックに掲載されています。

日本でも36年を生きた青森県の「よも子」がテレビで紹介されたという経緯があります。

 
マンチカンと出会うブリーダーガイド