大切な家族の一員!おちゃめで健康な子猫ちゃんと出会おう

HOME » 元気なマンチカンと出会うために » 相場価格を知ろう

相場価格を知ろう

マンチカンのかわいさはテレビなどでも多く取り上げられたため、人気が出てかつ値段も張るようになりました。「それでもいいから欲しい!」と思わせるほどの魅力が確かにあります。
ネットの動画などもけっこうあるんですよね。眺めていて本当に飽きないです。気がついたら2時間経ってた!なんていうことも私はよくあります。

「マンチカン好きの人に悪い人はいない」という私の勝手なルールにより、某俳優さんも、テレビでマンチカンを見てはしゃいでいたという理由だけで好きになりました。うふふ。
とあるネットの人気猫ランキングでも、マンチカンは堂々の1位。(次いでロシアンブルー・スコティッシュフォールド・ベンガル・メインクーンと続きます。)私としては、やっぱり…という感想です。

お値段の相場を調べると、15万~35万でしょうか。足が長いマンチカンだと5~10万円で販売されているようです。やはり、短足ちゃんが人気なのですね。

ペット購入にも、マネープランは大切!

ちょっと閑話休題。みなさん、ペットを購入するときの予算ってどのくらいなのでしょう。平成12年の東京都の「ペットに関する調査報告書」では、犬が124,441円、猫が72,194円でした。
みなさん、購入する際には、やはり資金をちゃんと準備しているのですね。今はもっと増えてるのかな?不況で減っているのかな?どちらでしょうね。

そして、飼育費用ですが…月額いくらくらいなのでしょう。えさ代は、犬だと5,328円、猫だと3,705円。その多くが、ペット用のえさを購入しているようです。
意外や意外、一番かかるのは医療費のようです。人間は健康保険制度により自己負担額は少なくて済むのですが、動物の場合、全額自己負担がほとんどです。
年間で猫だと35,000円ほどかかるのだとか(東京都の調査より)。予防接種のお金もかかります。ワクチンの料金は病院によって違うのですが、だいたい6千円前後です。
これでトリミングに通ったりするとなると、さらに出費が…ペットを飼うということは、きちんとマネープランを立てることも必要なようですね。

価格よりも大切なのは「健康状態」

平成17年の段階で、猫ちゃんの生体市場規模は112億円(ペット生体市場規模の中の8.2%)なのだとか…。猫の年間販売頭数は、だいたい11万頭ほどになるようです。
また別のデータですが、平成19年の、国内において飼育されている猫ちゃんの数は、1,300万頭!私はちょっと意外だったのですが、飼育されているのは僅差で犬のほうが少ないんですよ。「へえー」と思いませんか?
データで見る猫ちゃん事情もけっこう楽しいですね

さてさて。気合いを入れて、相場15万~35万のマンチカンをとうとう飼っちゃうよ!という前に。愛しいペットとなってくれる出会いであるからこそ、とことん慎重に調べて、納得して買いたいですよね。
あまりに桁外れに安かったりする場合は、警戒したほうがいいようですよ。たとえ多少高くても、健康な猫ちゃんと出会いたいものです。実際に、私もその点にはきちんとこだわって探しました!
業者さんの中には、価格の中にワクチン代が含まれていたり、または別途ワクチン代が必要だったり、輸送代や健康診断費用も必要だったりするので、その点もご注意を

 
マンチカンと出会うブリーダーガイド